テクノビューアー ~ 「写真」から被写体の形状を解析するソフトウェア ~

テクノビューアー3D

概要

ステレオ写真から三次元形状を解析するソフトウェアです。
特殊な装置や専門的な知識は不要です。小さな物体の形状測定から写真測量まで、幅広い分野でご利用いただけます。

解析手法

1. 撮影
3次元座標が既知な点(基準点、6点以上)が写りこむように計測対象面を2箇所以上から撮影します。
2. 基準点設定
画像上の基準点の位置を指定し、その基準点に対応する3次元座標を設定します。
3. 解析
2枚の画像から対応する点を探索します。手動または自動で探索処理します。
対応点が求まると画面上に3次元座標値が出力されます。
4. 解析結果出力
基準点と対応点をもとに計測対象面の形状を解析します。
解析結果は各種フォーマット(DXFなど)でファイル出力します。